アクセスカウンター

        
            

       

Fender Stratocaster'69-77

26年も使っている77のボディーに69のネックをジョイントしたコンバージョンモノ。
最近のメインギターの一本です。
Ibanize GB10

やはりメインギターのひとつになっているジョージ・ベンソンモデルです。これは良いギターです。
私にとってはネックは細いのですが、さほど弾きづらくはありません。
Gibson ES-335

他はストラトばかりになってしまいましたが、やっぱりコレは手放せません。ブギーのセットとベストマッチングなのです。
Schecter strato

20代の頃にメインに使っていました。音はかなり太いです。今でもJAZZっぽいモノには使います。
Esp strato (Order made)

10年くらい前に友人のビルダーに作ってもらったもの。アクティブとパッシブが両方使えます。
Sadwski STタイプ

88年製でJWブラックの作品です。パッシブとミッドブーストのついたアクティブの切り替えが出来ます。アクティブのミッドブーストはクラプトンモデルのようなモノではなく、暖かい音と言う感じ。ですが実はパッシブの音が気に入って買いました
Fender Telecaster'68

68年製の貼りメイプルのテレです。リフでフロントピックアップはダンカンに変わっていますが。割と絞まった感じのサウンドです。
Fender Telecaster'71

71年製のワンピースメイプルネックのテレです。フルオリジナルですが、以前のオーナーがスライド奏者だったのかフレットが非常に低くすりあわせてあります。ほとんどフレットレスワンダーですが、指弾きでも不思議と弾けるギターです。
Rickenbacker330 ’74
シングルコイルが乗った初期のリックです。ネックが細く弾きづらいのですが、それを忘れさせるほど音は素晴らしい。最近のリックとはサウンドの傾向は全く違います。

since 2015 copyright (c) etsuji ogawa all rights reserved. 当サイトの画像・動画・文章の無断転載、転用をお断りいたします。